Monthly Archives: 7月 2009

今日から同居・・(*^_^*)

img_7667.jpgimg_7665.jpgimg_7662.jpgimg_7661.jpgimg_7660.jpgimg_7672.jpg

今日は本当は「お七夜」なんですが、お祝いを明日にすることにしました。ですから名前も明日発表しますね。

食事は「産後&授乳」の聖子ちゃんの為に「マクロビ」に近い食事です。。。。そして「乾杯!(^O^)/」といきたいところなんですが、彼女が授乳させなきゃいけないので、アルコールはご法度!^_^;。。。で「キリンFREE」で乾杯!

今日は非常に珍しい7月に二回も「土用の丑の日」らしく、今日は鰻丼です!

・・・①実家のトマトを使って、山口屋の湯葉豆腐、トマト、わかめ、オクラ、茗荷&しょうがの酢の物・

・・②蒸し野菜(かぼちゃ、人参)と焼き野菜万願寺唐辛子(実家から)の玄米入りラタトウゥイュ添え

・・・③甘長唐辛子の甘辛煮(実家から)

・・・④鰻丼(一尾を1/3ずつ分けて)

・・・・⑤岡山の桃・・・・

===================

昨日まで、仕事&母の事&実家の用で朝来・和田山でバタバタしていました。

今日から孫&聖子ちゃんが暫く私の元で静養してくれる事になりましたので、大阪までお迎えに!

母乳も良く出始めたので、育児がすこぶるやりやすいようです。

私は洗濯&食事係りなので楽チン!・・・大変だ!・・・と聞いていたのですが、初日の今日は楽勝でした。

~~~~~~~~

「孫の誕生」を機に、色々な伝統や家族の行事も取り上げていきたいと思います。

日本らしく、日本の伝統も継承していきたいところは大切に、今の育児を見守りたいと思います。

・・・・産後・授乳期には特に動物蛋白摂取を控えたマクロビに近い食事にしてあげたいと思っています。 それを「母」「ばあば」「料理研究家」の立場から見ていけたらな!・・と思っています。

・・・・・「料理研究家」といつの間にか言われるようになりましたが、仕事が忙しい時も家庭はいつも普段のお母さんと変わるわけがなく動いていますので、家族それぞれへの状態や健康に気くばりをしながら、毎日の生活を地に足をつけて、工夫をしながら生まれ出るのが「家庭の設え」「家庭料理」「心の拠所の家庭」

・・・・今は入院中の母のために実家を全部私が管理、付き合い、留守がちな夫への気くばり、息子の家族の出産の全面的に支えてやること、娘宅の海外出張が多い昨今の留守宅&ミミの面倒を私に頼られているのでこなしながら、「仕事」に穴をあけない様にこなしていく工夫から生まれるあふれるアイディアを記録していきたいと思っています。

・・・・こんなにも、どこを見ても、このように頼られていることも珍しいので、頼られることに「感謝!」・・・・あくまでも健康に気をつけ、疲れをためないように、「ラブリー♪」に楽しく、ルンルンにやっています!

神戸新聞・但馬版にでました。

  =私が料理指導をしている「みのり館」の”新メニュー・マクロビ料理”の取り組みが、昨日、プレス会見した時の様子が、まず、神戸新聞記事に出ました。その貼り付けです!教室でもこうぎ&実習をしましたよね。=

=============

日本発祥の健康食提供 朝来・多々良木みのり館 

写真

洋風、和風、中華のマクロビ料理(手前から)=多々良木みのり館

 かつて日本人が世界に広めた「マクロビ料理」が31日から、朝来市多々良木の宿泊施設「多々良木みのり館」に登場する。「玄米菜食」を基本に、和洋中のメニューを取りそろえており、健康ブームの中、注目を集めそうだ。

 マクロビ料理を提唱したのは、食物に関する陰陽論を研究した桜沢如一(1893~1966)。玄米とみそ汁、海草、野菜など伝統的な粗食によって結核を治癒し、東洋医学・哲学も加味して世界に広めた。

 生まれ育った土地でできた食物が一番体に合うという「身土不二」▽基本的に動物性の食事はたべない「穀物菜食」-などが基本的な考え方で、欧米ではがん患者や妊産婦の食事に取り入れられている。

 利用者の健康志向に応えようと、同館では、料理を監修する料理研究家今川れい子さんらが中心になって、約2年にわたり、マクロビ料理のメニュー化を検討してきた。

 食材はすべて地元で無農薬栽培された玄米や旬の野菜。和食では玄米ご飯とみそ汁、ひじき入りきんぴら、野菜のかき揚げなどが並ぶ。洋食ではパスタかピザなどのほか、ナスフライ・玄米入りラタトゥィユ添え、中華でも玄米・野菜入り春巻きなど、工夫を凝らしたメニューが味わえる。

 実際に食べてみると、ご飯は硬くなくかむほどにおいしい。野菜は旬のものだけに味が濃く、おなかにたまる感じで、肉や魚がなくても物足りない感じはしなかった。

 料理を監修した今川さんは「ホームページにレシピを公開するなど、普及に努めたい」と話している。

 同館では火曜と金曜を除く毎日昼食にマクロビ料理(和風1000円、洋風・中華900円)を出すほか、火曜日はスローフードバイキング(夜はビアガーデン)、金曜日は南インド料理を提供する。8月31日まで無休。同館TEL079・678・1414

(三上彰規)

初対面・・(*^_^*)

img_7576.jpg

ベイビーと父の初対面!

報告!・・・初孫誕生~(^_-)-☆

img_7553.jpgimg_7556.jpgimg_7559.jpg

 
 

 今日16:23、男児、2940gでこの世に生を受けました。

これは生まれて3時間後の写真です!
母子共に健康。
彼女は11時半に入院.

息子の昼休み時間3時半に到着したところに、電話が入りました。
教室の終了時間を少し早めなくても大丈夫と連絡があったので、少し気分をゆっくりしていました。

彼女の家族も一度神戸に帰宅しかけて、息子が一人付いていた時に急に早まって誕生!


全て健康!・・との報告に、本当に安堵!・・暫くしてから喜びを感じました。
が、仕事中!私は仕事を少し急いで終了し、午後8時がタイムリミットの病院に、30分前に到着!


「はじめまして!赤ちゃん!」でした。
小顔の髪の黒い男児でした。

聖子ちゃんは超安産でしんどそうでなくって、ホント安心しました。

聖子ちゃんへの「ご苦労様プレゼント」の赤い袋をプレゼントしちゃいました。(^_-)-☆

彼女のおかあさんがいらっしゃらないので、私のところへ来て、静養してくれます!

お腹自慢~^_^;

img_7510.jpg

昨日は早朝、和田山から神戸に戻り、荷物を置いて、、、。

私は同窓会の用で姫路まで電車で。・・・・先日の同窓会の役ですっかり仲良くなり、今回は写真の整理を人海戦術でやってしまいました。 

 またまた神戸に戻り、息子が来て家具を動かして大幅に出産後のベイビー&聖子受け入れ最終移動&片付けをしました。

・・・その後、息子&夫と共に大阪で待つ聖子ちゃんの為に食料を調達して出向きました。・・・・・・サッと出来る料理を息子と私で短時間勝負で夕餉の準備。(30分で9品出来上がったから上出来かな??^_^;)

・・・そして、三人はお腹の大きさ比べが始まって~~^_^;

・・・はぁ、昨日も早朝から深夜までバタバタでした。

半端じゃないです!(+_+)草の量!

img_7476.jpgimg_7480.jpg

7/18~20の朝まで和田山に仕事&実家の手入れに帰っていました。

除草をしました。もうもう大変です。・・母にばっかり除草を任せていました。この度、母の入院となり夫と私はこの梅雨の雨量の多いのに辟易しながら、もう犬掻き状態で必死で草取りに励みました。・・・結果、頭がボーッとして熱中症の一歩手前でした。・・・「大変です」・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・とりあえず、一部をしました。

総理大臣賞受賞!・・・田中裕子さん、おめでとう!

img_7163.jpgimg_7164.jpg

田中裕子さん(ソフトの夢工房社長=このHPのトップページの「リンク欄」の「夢工房」をクリックして下さい!

「我が家の何でも情報」=私の料理レシピがたくさん出ているソフトも製作)

総理大臣賞を受賞されました。・・・・・・・6/26に「男女共同参画社会づくり功労者の総理大臣賞を受賞されました。

彼女の頭脳とバイタリティーには驚きです。・・・私はドタバタ動くバイタリティーはありますが、彼女は何人もの社員を抱え、三宮の一等地に会社を持ち~、それを毎月、何年も継続している。私は一ヶ月と経営できません。すごいなぁ~~。としかいえません。裕子さん、しばしお待ち下さいね。ちょっと私が時間窮屈なので、お祝いの会をしますからね。・・・・・・・・・・・・・・・・・・・遅くなりましたが、「おめでとう!!!!」

友人の来訪・・♪

img_7197.jpgimg_7217.jpgimg_7218.jpg

ちょっと、母の入院騒ぎで全てが時間窮屈になっていて、ここをアップするのも日にちが前後します。  6/30&7/1に一泊で、和田山に四国と神戸から、やってきてくれました。・・・・・みんな、おしゃれ~~~~~(^_-)-☆

母の近況

img_7403.jpgimg_7341.jpg

色々な方面の方々から、母への見舞いをしていただき、恐縮至極に存じます。  母は強い人ですから、後悔をせず、現状を受け止め、前向きに治療に励んでおります。

毎日、リハビリをしながら、新聞を、もちろん裸眼で隅から隅まで読み、読書をし、短歌を詠み、、、ゆっくりできる三食昼ね付き、高級医療付きの高級ホテルや、と、楽しんでいます。その姿勢たるや、親ながら頭が下がる思いです。

もう大部屋に入っても良い病状なのですが、何しろ田舎の有名人なものですから、お見舞い客が半端じゃないもんですから、周囲の人への迷惑を考えて、敢えて個室にとどまっております。  先日、全快祝いを和田山の家でしたかおりちゃんや従兄弟達もお見舞いに来てくれました。(7/12の写真ですが) 

 娘がおばあちゃんにと、下着の替えをラブリーな5セットとランチョンマットと耐熱の紫の可愛い小鉢を送ってくれました。

いつも、私が和田山に滞在している時は6時半に病室に行くことを知って娘の差し入れだったのですが、ウェジウッドのティーカップと紫陽花の小皿を持ち込んで、ランチョンマットをしき、母と一緒にブレックファーストを楽しみます。     私が神戸で買っていくパン、フルーツ、紅茶なのですが、。(母に出る和食は私が食べちゃいます・・だってこの病院の食事チェックをいつもしているのですが、美味しいんです!

またまた今日の料理教室が終わってすぐ、夫と共に和田山に帰省します。母の見舞いと家の用と草取りとみのり館の用です。

また20日の朝にこちらに戻る予定ですから、ブログが21日までお休みです。

またまた~また、、の「弧柳」の食事!

img_7449.jpgimg_7460.jpgimg_7459.jpgimg_7342.jpgimg_7450.jpgimg_7452.jpgimg_7453.jpgimg_7454.jpgimg_7455.jpgimg_7456.jpgimg_7457.jpgimg_7461.jpgimg_7463.jpgimg_7464.jpg

「弧柳」の板長・松尾君、ごめんなさいね。何日も経っていないのにまたまたお邪魔してしまって!7/10に行ったのに~またまた7/15に再び食べに行きました。

娘夫婦が色々留守やミミの世話でお世話になったからと、食事を招待したいと、、。

「同じ招待するなら、本当に食べたいところを選んでね」と申し出てくれたものですから、松尾君がこの春、北新地に店を出したところへは私だけが、もう二回も行っているのですが、是非家族にもあの美味しい、そしてあの素晴らしさを味わって欲しくて、またまた「弧柳」を選んだのです。

「わぁお!美味しかったです!・・・・同じものを出してくれて良いよ!と板長・松尾君に言っているのに、殆どかえてくれていました。「ありがとう」です「恐縮至極<m(__)m>」です。

彼の料理はもう巷で有名になり、7/23に発売される「あまから手帳」の表紙の料理もでます。是非買って、見て下さいね。そして行ってあげてくださいね。

北新地なのに、あれだけの食材を使った料理なのにお安いので、返って心配しちゃいます。