Daily Archives: 2011 年 9 月 2 日

ヒロ子&宏子さんに捧ぐ・金子みすゞ「花のたましい」

img_9430.jpg

      花のたましい  

    散ったお花のたましいは、
  み仏さまの花ぞのに、
  ひとつ残らずうまれるの。

  だって、お花はやさしくて、
  おてんとさまが呼ぶときに、
  ぱっとひらいて、ほほえんで、
  蝶々にあまい蜜をやり、
  人にゃ匂いをみなくれて、

  風がおいでとよぶときに、
  やはりすなおについてゆき、

  なきがらさえも、ままごとの、
  御飯になってくれるから。

~~~~~~

<解説>矢崎節夫

1995年1月17日の神戸を中心とした阪神・淡路方面の大震災の後、一人の小さい人の言葉を聞いて、“いのち”ということを深く考えさせられました。
 テレビのニュースキャスターが避難している人たちに、「今、一番ほしいものはなにか」をたずねた時のことでした。
 水がほしい、食べ物がほしい、家がほしい、と大人はみんなこう答えました。
 小学生が一人いました。「あなたが今、一番ほしいものはなに?」キャスターがたずねました。
 小学生は、大人では考えられないことを答えました。

 「友達のいのち」

 なんてすごいことを、この小さい人はいえたのでしょうか。
 大人たちはみんな物をいったのです。待っていれば、必ず戻ってくる物をです。もちろん、そういった大人の人たちの気持ちは、私も大人ですから、よくわかります。その場では、きっと私もそういったでしょう。

 しかし、この小さな人は、二度と戻ってこない「友だちのいのち」が、一番ほしいといったのです。
 理不尽にも、一瞬のうちにいのちをとられたくやしさ、怒り。小さい人のひとことの中に、いのちの悲しみの本質を知らされました。
 いったい、“いのちは、どころからきて、なにをし、どこへいく”のでしょうか。
 150億年という時間の中では、宇宙からきて、宇宙に帰っていくのでしょう。個人としては、母から生まれ、大地に帰っていくのでしょう。
 いのちの悲しみの本質は、いつか終わりがあるということです。
 この終わりが考えられる終わり方でなかった時に、くやしさや怒りが、残された人の中に残るのでしょう。
 みすゞさんの『花のたましい』を読むと、「どこからきて、なにをし、どこへいくのか」の「なにをし」、つまり「どう生きるか」がすうっとわかって、心がらくになります。
 〔だって、お花はやさしくて、/おてんとさまが呼ぶときに、/ぱっとひらいて、ほほえんで、/蝶々にあまい蜜をやり、人にゃ匂いをみなくれて、〕
と、みすゞさんは歌っています。
 前に、私は人であり、花でもあると書きましたが、ならば、花である私は、こんなにも美しく、善意に生きられるようになっているのです。そうだといいな、とうれしくなります。そして〔風がおいでとよぶときに、/やはりすなおについてゆき、/なぎらさえも、ままごとの、/御飯になってくれるから。〕
 自分の行為によって考えられない終わり方をし、まわりの人にくやしさや、怒りを残さないために、生き死にを完全にやりとげたいと、小さな人のひとことから、今、心から思っています。

9年ぶりに訪れた四天王寺・・そして千日前

201109011540000.jpg201109011540001.jpg201109011652000.jpg201109011652001.jpg

大阪の二箇所に行った証拠写真です。その前に大阪駅の近くのホテルで人と会い、今日はバタバタな一日でした。

もう9年になりますか~、愚息がお世話になるご主人のところへご挨拶に行ったり、その前がは「上野 天神坂」のお料理を何度か食べに行きました。

今回は夫と共に9年間愚息がお世話になったお礼のご挨拶に行きました。前もってお電話を入れておりましたら、お部屋を涼しくして温かく迎え入れて下さり、楽しい面白いお話をたくさん伺いました。(カメキチな私は・・あぁぁ、、ここはパチリとしたいなぁ~~^_^;と思うばかり~~それをストップさせるしんどさ~)

そこからタクシーで法善寺横丁のお店まで。これまた息子さんであるご主人が待っていて下さり、ひとしきり楽しいお話をさせていただきました。先代も今のおやっさんの双方のお顔が本当に良いお顔をしていらっしゃって、こんなところに愚息は9年間もお世話になり、「感謝」の一語につきました。・・・・帰る頃、どしゃ降りになり、「アメリカン」と言う昔からある純喫茶で雨宿りをしながらコーヒーを飲んでおりました。

例のお人形にメッセージが張られておりました(*^_^*

明日から7日まで和田山での仕事になりますから、ここは暫くお休みです<m(__)m>)