Monthly Archives: 11月 2011

京味倶楽部の和田山合宿

 先日、京味倶楽部のメンバー7人(含Me)が、実家で合宿をしました。京都府の隣の朝来市和田山の実家・母が作っている野菜を食していただきました。88歳の母が作っています。(私も、夫も食べるだけ<m(__)m>)

img_2832.jpg                                       白菜、水菜、青梗菜、小松菜、春菊

img_2835.jpg岩津葱

img_2833.jpg大根、蕪

img_2834.jpg   img_2836.jpg                                           赤蕪、二十日大根、人参、ラディッシュ

                                              

吉泉(きちせん)の秋の食事

季節毎のお食事会です。・・年4回、四季を楽しみ、料理を楽しませていただきます。・・・私ならここはミシュラン判定では三つ星です。設え、料理の全てが私の知っている最高なのです。・・ですから、毎月はこれませんが、季節毎に勉強させていただき、堪能させていただいています。

img_2556.jpg軸物の銘です。

img_2553.jpg香煎茶を最初にいただきます。

img_2560.jpg                                           「東君来也」=「君、東より来るなり」=ようこそいらっしゃいました。の意味でしょうか。備前焼の壷にきれいに花が活けてありました。

img_2558.jpg鳳凰が描かれた筆箱

img_2562.jpg                             前菜<二十日大根と金箔付きから墨、蛸の柔らか煮。img_2566.jpg                                       ふくら雀にはキャビアとなんだったでしょうか?img_2571.jpg                                季節のお盆・大根の春慶塗り・・に土瓶蒸し

img_2572.jpg                                        まぁ何と出汁の効いた薄味のお出汁・・大きな松茸です。

img_2576.jpg                                    季節の色付いた柿の葉、銀杏の葉、紅葉が乗った箱には何が入っているのでしょう?・・ときめきました。

img_2575.jpg                              まぁ何と錦色のお造り!・・黄菊の花びらが敷き詰められているお造り・・感激!!

img_2579.jpg栗小豆おこわ

img_2580.jpgimg_2581.jpg                         菊花模様の蓋付き鉢には蕪の菊花煮、海老そぼろ添え

img_2582.jpgimg_2583.jpgぐじと松茸の朴葉焼き

img_2584.jpgimg_2586.jpg                                     まぁ、可愛いおもちゃ南瓜!そこへ入っているのは南瓜のポタージュ

img_2587.jpgimg_2588.jpgimg_2589.jpg鯛めしと香の物!

img_2593.jpgまぁ!見事!としか言いようがないくらい綺麗で美味しいでざー

img_2597.jpg紫芋の羊羹

img_2598.jpg                            お薄・・初冠雪の富士山の抹茶椀

秋の中華料理

今月の中華料理の教室のメニューです(献立を受講していなかったクラスの生徒さんは、このメニューはしませんので申し出てくださればレシピを差し上げます)

img_2732.jpgimg_2725.jpg大根と柿の中華サッパリサラダ

img_2726.jpg                               柿と大根の皮のキンピラ・・とても美味しいですよ!(*^_^*)(殆どの食材を捨てません)
img_2740.jpg                             骨付き鶏腿肉、干し椎茸、白ねぎ、人参、ブロッコリー、春雨の煮物(御飯にぴったり、たくさん作って、作り置きおばんざいです)

img_2730.jpg                           牡蠣と青梗菜に炒めもの

img_2727.jpg                                海老と青梗菜の炒めもの(生徒さんの中に牡蠣がダメな方がいらっしゃったのでしらさ海老があったので作りました。

img_2734.jpg                            林檎と白玉団子のスープデザート

拙宅の秋

今日で11月もおしまい。我が家は11月のおしまいまで「Thanks Giving  Day」&「新嘗祭(「にいなめさい)=勤労感謝の日」・・・・・「感謝」の気持ちで家を設えます。

実家でもお米を作っていただいています。「感謝<m(__)m>」&「感謝<m(__)m>」です。

img_3087.jpg                          美佳さんがアメリカからのお土産に「Thanks Giving  Day」用に!・・と買ってきて下さいました。すてきな模様でしょう!大判なので使うのはもったいなくて「Tea  Mat」にしています。

img_3085.jpg                                         玄関にはメキシコからのお土産のお皿、赤いコーンはもう30年も前にアメリjカから持って帰ってきたもので毎年飾りつけています。・・・・・栗、柿です。・・・木目の額の絵葉書は「グスタボ・礒江」(礒江毅)の超写実派の絵です。==娘のお土産です。=今、奈良県立美術館で「グスタボ・礒江展」を12/18まで展覧しています。私は12/13に行くつもりです==img_3086.jpg                                     玄関の手前には栗&毬を盛りつけたもの。(今日で飾りつけのお役目はおしまいです)

img_2762.jpg                                            先ほどのナプキンをTea Matにして、私のお気に入りのTea Cupでお茶を楽しんでいただきます。

img_2721.jpg                                           ダイニングルームの片隅に「さんきらい」とナプキン、深緑のキャンドルでお出迎え!

img_2723.jpg                                     娘からのプレゼント、垂水の美味しいクッキー屋さん「レープ・ド・シェフ」のクッキーとピーチ・ジンジャーティー。テーブルクロスも秋用にパリで購入しました。

今晩、もうすぐこれをしまい、クリスマスツリーを飾ります。

秋の設え

和田山の家の周囲は自然がいっぱいです。

和田山に帰省すると、88歳の母はいつも玄関、床の間、茶室、ダイニングにきれいに花を活けて待っていてくれています。    軸物もふさわしいものを出しています。                                               ・・・玄関の壷には大きな花が入っています。                                       ・・床の間にはきれいに形がキチッとした活花が入っています。                              ・・・茶室にはその辺りの自然の花を眺めつつ、枝ぶりの良いのを見つけて活けます。                         ・・・ダイニングテーブルには料理」に邪魔にならないような花を活けてくれています。

img_2230.jpg                                      玄関には木苺の葉とウインターコスモスを活けています。

img_2231.jpg離れ座敷の床の間には「つわ蕗」だけの生け花。

img_2232.jpgお茶の秋の干菓子

img_2233.jpg茶室の茶花は「お茶の花」・・花は下を向いているので選ぶ花を探すのが難しかったそうです。

img_2523.jpgダイニングテーブルには備前焼きの筒にウインターコスモスが柔らかく入っています。

オディロン・ルドン展

11/10に京都「吉泉」に食事に行った日、伊勢丹ミュージアムで「オディロン・ルドン」展をしていて、観に行きました。・・・私は彼の晩年の「色の時代」の作品が大好きです。・・・日本では岐阜県立美術館が彼のコレクションで有名です。・・何度かルドン展を観たのですが、今回くらい多くの作品が出展されていたのは見たことがありません。

感激して、胸がドキドキするくらいでした。・・嬉しくて、顔がニマニマ(*^_^*)

img_2823.jpg

img_2824.jpg                                    この絵が一番好きで、これは今私がこうしてパソコンに向かっている左側の壁に貼り付けているポスター。

土井緑さんのピアノリサイタル

11/10,フェニックスホールで緑ちゃんのピアノを聴きました。緑ちゃんと言えど、大阪音大の準教授です。彼女がロンドンの王立の大学院から帰国して、私の料理教室に通い始め、大変親しくなったのです。・・ピアノには妥協を許さない素晴らしい演奏をされるのです。で、、個人的にが「ゲラ!」・・一緒にいると笑いっぱなしの楽しい彼女・・・恵まれている彼女にも苦しさはたくさん抱えています。・・ですから、素晴らしい演奏を弾き終えた時は「ごくろうさん!良かったぁ!」と涙がでてしまいました。

img_2613.jpgimg_2822.jpg

京食財の変化(へんげ)

11/20は京都でイヴェントがありました。

http://www.kyotoajiwai.net/event.html

今回は当日、遊子庵に行ってから、当日に来る京野菜と魚を見て、献立を作り、作ることになっていました。一階の狭いキッチンで作り、二階に運ぶ!と、言うもの。

大変な作業でしたが、出席者が色々とバラエティーに富んだ人々で、色々なリアクションで楽しく過ごしていただけたと確信します。「食」について、熱心に話し合いが弾み、予定時間を大幅にオーバーしましたが、終了」しても話は続いたのです。

私は料理人でもあり、セミナー人でもありましたから、写真を撮るのはこれが精一杯で、料理はまだあります。また他の人がとってくださったものをアップしたいと思います。

img_2753.jpg                                     席の中央に赤蕪を飾っています。・・一人ずつのセッティングは和紙のランチョンマット、杉板のコースター、和紙の結び箸置き。

img_2751.jpg                                        ひの菜もセッティング!森田農園さん、ありがとうございました。

img_2748.jpg                                    柿の皮と大根の皮のキンピラ

img_2747.jpg                                    柿と大根と黄菊の酢の物

img_2749.jpg                                      赤蕪の酢の物(現場に行ってから漬けた為、まだ、色が染まりきっておりません)

img_2750.jpg                                         大根の葉っぱの炒りつけ(立派な葉付き大根を持ってきていただきました)

img_2755.jpg                                      魚「まとや鯛」のソテー、里芋のマッシュムニエル、蕪の葉のトマトソース添え・・・・・・・・・・・・・・・・・「食一」の若き社長・田中さん24歳の意気込みを強く感じました。お魚をありがとうございました。

img_2759.jpg                                      みなさん、熱心な意見交換が行われました。

今日はちょっとハードでした^_^;

今日は午前九時半~午後六時まで撮影でした。

撮影のカット数が多くてちょっと疲れました。^_^;

img_2817.jpg                                                                                     竹田先生、ご苦労様でした。

img_2816.jpg                                                                                                      こんなカットが何種類撮ったかなぁ。

img_2821.jpg                                                                                            疲れていると知った宏子さんからの差し入れ=シュークリーム!~~~~明日にしようかな?と、考えていたら、「疲れて」いる時は甘いものがいいらしいよ」・・・食後にコーヒー&シューシュークリームをいただいてしまいました。

ぽっかり雲と銀杏

img_2694.jpg                            一週間前、姫路市の近くでぽっかりとまあるい雲を見つけ、傍に黄色が朝日に映えて輝いている光景をみてうっとりしました。