Monthly Archives: 1月 2012

会議&新年会

1/28、ホテルピエナで神戸BPWと言う所属している会合がありました。

ちょうど20人くらいが楽しめる空間がある会場が用意してあり、お話しも楽しくでき、お料理がとても美味しく、みなさん楽しんでいらっしました。

ここホテルピエナは朝食が美味しいことでも有名だとか。

ミミの様子

ミミが体調が急変し、もう病院では手を尽くしたので家での看護に切り替え、院から帰りました。最期は家でと言うことで、戻ってきたミミを見舞いに娘宅へ行きました。

ぐったり臥せっておりました。一日尿が出ていなかったのですが・・・・・・・・何とその前から尿が出たとか\(◎o◎)/!・・私が行った時にもオシッコが出たんです(*^。^*)(かすかな良くなったところで希望をもつ・・そんな状態でした)

でも、、、気が沈みがちな雰囲気に娘が買ってきた春の花とイチゴのタルトが心がホッコリさせてくれました。

=======================

それが今日、お見舞いに行ったら、元気を取り戻しているではないですか~!\(◎o◎)/!

ミミがお世話になってる病院ではミミが最長老だとか。3月3日で18歳になります。

~~~~~^~~^^

娘作の「ミミ御殿」・・良くできているでしょう!・・ミミがグルグル回って歩くので、こんなサークルを作り、ベッドルームを作っていました。

ぐったり寝込んでいるミミを励まして、ずっと頭をなぜてやりました。

==今日、なんと起き上がっているではないですかぁ!!ワンワン吠えて元気な力強い声になっているではないですかぁ~~!===

奇跡が起こりました!・・・嬉しくって~!・・もうちょっと私たちにお付き合いくださいね!ミミちゃん!(*^。^*)

 

食一の田中君がTVに

http://www.shokuichi.jp/ 「京都味わい物語」の仕事でこの頃よくお世話になっている「食一」の田中君がTVで紹介されました。・・うっかりしていてブログで紹介する事を忘れ、観るのも忘れていまして、偶然につけていたTVがテレビ朝日の「LIFE 」でした。http://asahi.co.jp/life/backnum/120128.html

http://ajiwaireshipe.seesaa.net/  をクリックしていただいて2011年11月21日のセミナーに田中君の魚について話していただきました。

若い彼の益々の活躍に期待したいです。最近の「京都味わい物語」にもいつも勉強にきてくれています。スポンジのように吸収しているのでしょうね。

お茶会三昧

「お茶会」のここの意味はお茶をしながらチャタリングを楽しむ事とします。

木曜日、この日は年賀状を頂戴してから双方でメールで都合をあわせて数年ぶりにゆっくり会うことにしました。Kajiさんはお母様の介護の都合で11:30~14:00までの限定でお会いしました。・・拙宅では私が動く分お話しが中断されるので六甲の神戸大学&神戸松蔭女子大の近くにある「デライトティールーム」にしました。

ここは残念ながら、ゴージャスな室内、目が点になるほど美味しく、きれいなスフレ、スコーンの写真を撮ることはできません。・・・Kajiさんの家庭環境と我が家がよく似ていて、ここ数年の話をいっぱいいっぱいしました。

気づけば二時半!!・・急いで駅までお送りしました。

======================

その後、翌日の買い物して一旦帰宅し、夕食の準備

=====================

その後シズコさんとあの「安曇野」でお茶を楽しみ、近況のチャタリングです。

======================

そして、そして、帰宅して夕食作りを完了してから宏子さんが回目の「お茶会」を待ってくださっていました。・・・・・なんて幸せなことでしょう。

~~~~~~

お茶三昧の後にミミのお見舞いだったのです。

~~~~~~~~

ミミの心配の事、今日のお茶三昧のことが夕食の話題でした。

寛ぎのティールーム「安曇野」のカップ

時々、JR六甲道駅の北側。・・・東西の道一本北にあるコーヒーカフェ「安曇野」の立ち寄ります。先日も食器をこよなく愛する友人と新年に初めて会うのでここを選びました。

オーナーは私たちに「新年」のカップを用意して下さいました・

一つなマイセンのコーヒーカップ→松竹梅の絵柄のお目出度いカップでした。幾何学的な斬新で、古典模様が描かれています。

もう一つは深川陶器のアンティークの輸出用に作られた金銀の鶴が待っているカップです。・・もうこのテクニックの繊細な手描きです。こんな繊細な匠が作ったテクニックはマイセンは手がとどかないでしょうね。

オーナーにお許しをいただいてカップが引き立つように私のマフラーを下のクロスにして写真を撮らせていただきました。

もう本当に至福の時でこの茶器を眺めながら、深呼吸をして幸せをいっぱいに吸い込みながら、オーナーが一つ一つとっても丁寧に入れて下さった香りの良い、美味しいコーヒーをいただいたことでした。

みなさん、コーヒー好きにはたまりませんよ。コーヒーもすばらしいです。そしてたくさんの高級な茶器に囲まれ、オーナーがその時に合わせて選んでいただいた茶器。その両者がすばらしいところなのです。

ミミの症状

一日置いて昨日の七時に面会に行きました。

酸素室でスヤスヤ枕をしてもらって、眠っていました。

そこをそっと酸素室の窓を開けて、手しか差し伸べてやれない状態なんですが、私たちが来たことがわかって甘えた泣き方をしていました。・・頭や、身体を撫ぜてやりながらお話しをしてやると身体を起こそうと必死でワンワン吠えて話していました。

もう少し元気になって欲しいな。

去りがたかったのですが15分くらい遊んでやって帰宅しました。

ミミが大変~でも・・\(◎o◎)/!

昨日の朝、発作を起こして病院に入ったミミ。もう一ヶ月で18歳になります。犬といえども、今や「家族」です。・・胸が締め付けられる思いで夕方、娘夫婦と病院に入院しているミミの症状を見に、聞きにいきまhした。・・酸素室に入れられ、横たわっていました。(覚悟かなぁ)と窓を開けてもらって頭をなぜてやりました.その後、説明があるとかで診察室で待っていまhしたら、ミミの「キャン」と言う声が。・・・「??」そこへ運ばれてきていたのです。

診察室に入ったら、先ほどよりもしっかりしたように見えました。

koiちゃんが手を差し伸べてやると元気に見はじめました。

するとどうでしょう、すっと立ち始めたのです!\(◎o◎)/!・・先生も大喜び!・・・生きようとしています。・・これなら、また復活できる!・・だからあと48時間くらい入院して様子をみましょう!と、、。・・急変することも考えられるのですが3月3日の18歳の誕生日までは頑張ってほしいですね。(因みに、そこまでカメラを持ってきていた私にみんな呆れ顔(~o~))

お正月の我が家でお茶

リクエストがある古九谷焼の煎茶器をもっと大写しして欲しいと、、。

炬燵で気軽に友人とお茶しています。

玄関には「おもと」のお生花と辰の置物、犬の張子です。(マンションですから小さく)

]

リビングのコーナーには辰の色紙と熊ちゃんが晴れ着で「Welcome!!」

 

ランチョンマットは金糸の帯で赤の縁取りで。(お正月&慶事用)

古九谷焼の「松竹梅」と「翁と嫗(おきなとおうな)」のお目出度い柄です。梅が大きく描かれているので、特に女性のお気に入りの茶器です。

美鈴さん、「辰」のお干菓子ありがとうございます。金粉が写りませんね。

真弓ちゃん、東京のお土産の野菜かりんとうをお正月なのでおしどりの御椀にいれまhした。

1/24(火曜日)の一日

昨夜は深夜3時すぎまでデスクワークをしていました。が、思い切って今朝7時半に高槻にでかけました。・・8時半に高槻の紀ちゃんちでモーニングティー!をご主人と三人でチャタリングを楽しみました。・・そこから車で2分のところで体操をしています。(東洋医学から身体の仕組みを指導していただきながらする体操なのです)・・・・・昼過ぎに戻り、ショッピング。

夕方に宏子さんと拙宅で紀ちゃんからいただいた知覧茶を封切りしてお茶を楽しみました。・・今日は古伊万里の煎茶器でのお茶・・茶器は松竹梅&両とんばのめでたい茶器です。・・蒔絵が可愛い赤いお椀におかきを入れて、お手皿にはチョウチョが飛んでいる赤い漆器で。茶托は川添日記さんの椿の茶托です。

赤ワインは昨日の残り・・。

 

 

<サラダ>ハム、セロリ、アボカド、ルッコラ

<ミニバゲット>チキン、オリーブのバゲットとフリルレタス

黒豆ピラフ(炒り黒豆をいただいていたので、昆布、日本酒、バターで炊いたピラフ)・・・・・川津海老のソースアメリケーヌ入りの海老のシチュー添え??美味~~!!

1月23日(月曜日)の一日

                  <息子とランチタイム>・・月曜日は息子の休み日。私も昨日は教室がない日でした。しかし、私は原稿に追われていましたので、息子宅へのプレゼントのものがたくさんあったので神戸の拙宅に来てもらい、久しぶりに二人での残り物カンタンランチ。

<メニュー>はSTAUBのお鍋でカリフラワー、赤パプリカ、岩津ねぎ、シメジ、菜の花の蒸し焼き。バルサミコドレッシングを添えての温野菜サラダ・・・・・・・豚ばら肉をロールにしての炊飯器トマト味シチュー・・バゲット・・・ジンジャーティー

彼はおばあ宅の美味しいお米や京野菜、松山時代の友人からの伊予柑が送ってきたのでおすそ分け(ちなみに息子は松山生まれ)・・おまけに美味しかったとこのSTAUBの鍋やお菓子・・みんなめちゃくちゃ重いけれど、欲張って持って帰りました。

ところがです!ところが、彼から電話!・・・何かと思いきや~~~「鍵を神戸に置いてきてしまった~」と、、、。・・・一週間に一日しかない貴重なお休みにも関わらず取りにきてもらったのは、私が書き物がたまっていてデスクワークをしたかったからなのに~~~(ーー;)再び大阪から来てもらうには可哀想で、、結局私が大阪までキーを持っていくハメに相成りました。

<息子、お嫁ちゃんと三人でお茶を!>わざわざ大阪まで持って行った私の慰労にケーキを買待っていてくれました。嫁ちゃんも帰っていて三人で美味しいケーキを1/3に切り分けて三種類の味を楽しみました。

孫のお迎えも行って「赤いバーコ(私のこと)ブーブー」に乗せたのでご満悦でした。

帰宅してすぐの夕食でしたから、急いでの簡単メニュー<m(__)m>

ジャガイモとミモレットチーズをスライサーで千六本にスライスし、パンケーキ風に焼いたスイス料理の「ロスティー」とソーセージ。

市販のバゲット&ポンテケージョ

 

ハム、アボカド、蒲鉾、とっても美味な大きなトマトをアピタイザーにして。

 

赤ワインで乾杯です。・・超簡単メニューで<m(__)m>・・

東奔西走で結局日中には仕事ができず、深夜までかかりました。