Monthly Archives: 3月 2012

陶芸展に行って来ました。

3/24は「京都味わい物語」のイヴェントの日です。時間が作れるかどうか心配でしたが、作れました。

茶わん坂に!結構渋滞して時間がかかったのですが、行けました(*^。^*)・・・令子さんご夫妻と他の方々の素晴らしい作陶展。

いつもハイクオリティな生活ぶりを垣間見せていただいているので是非作品が陳列されているのを見たいと思って。

素晴らしい作品でした。

令子さんの作品は一番左です。

彼女の作品は一番左の花筒です。

 

選抜高校野球大会

昨日から選抜高校野球大会が始まりましたね。石巻工業高校の阿部翔人君のあの長いメッセージ。素晴らしかったですね。ちょっと記事を貼り付けます。

===それと、夫の母校、群馬県立高崎高等学校が明日23日に出場します。公立高校で、群馬県一(?・・多分~~)の進学校が選抜に選ばれてでます.夫は寄付をし、我が家では盛り上がっているのに明日は夫は仕事、私は所用で甲子園に行くことができません。残念です。みなさん、応援してくださいね<m(__)m>

21日に開幕した第84回選抜高校野球大会の開会式で、選手宣誓した石巻工の阿部翔人主将の全文は次の通り。

 「東日本大震災から1年、日本は復興の真っ最中です。被災をされた方々の中には苦しくて心の整理が付かず、今も当時のことや亡くなられた方を忘れられず、悲しみに暮れている方がたくさんいます。人は誰でも答えのない悲しみを受け入れることは苦しくて、つらいことです。しかし、日本が一つになり、その苦難を乗り越えることができれば、その先に必ず大きな幸せが待っていると信じています。だからこそ、日本中に届けます。感動、勇気、そして、笑顔。見せましょう、日本の底力、絆を。われわれ高校球児ができること、それは全力で戦い抜き、最後まであきらめないことです。今野球ができることに感謝し、全身全霊で正々堂々プレーすることを誓います」

3/19の食事

今日は友人とランチーーすっかり写真を撮りませんでした。デザートの食べかけだけ・「・せとかオレンジの白ワインザリー寄せ」

夕食は昼に買ったフランスパンが美味しかったのでパンに合う献立にしました。

せとかオレンジの白ワインゼリー寄せ

独活(うど)、きゅうり、かに、甘エビのサラダ・・ふきのとう味噌と柚子酢のドレッシング添え

ロスティー

ジャンボマッシュルームグリル、」チキングリル、トマト、ブロッコリー

コーヒーの美味しい入れ方

兵庫散策を終えてから、「飛苑」と言う美味しい焼肉屋さんで「清盛セット」の美味しいセットをいただき(写真失敗<m(__)m>)、満足してから今度は兵庫駅の健康センターでちょうど「コーヒーの美味しい入れ方、楽しみ方」のセミナーがあると言うことで皆さんで参加しました。兵庫駅に南に本社があるエクストラコーヒーさんの指導でした。

コーヒーが降りた後は、粕がこのこうにお饅頭のようにこんもりなっているのが上出来なんだとか\(◎o◎)/!

美味しいコーヒーにチョコレートケーキがよくマッチしていました。

さすが、社長さん(料理の生徒さんでもあります(*^。^*))です。説明も分かりやすく細い彼女が邑楽で大きく見えました。

ペーパーでの入れ方、サイフォンを使用しての美味しい入れ方を実習でき、楽しむことができました。

ミモザをいただきました・・・(*^。^*)

今年も恵子さんからお宅の庭で咲いたミモザを頂きました。いただいた時は蕾が多かったのですが、今朝起きて電気をつけますと、キラキラ輝くようにミモザが可愛く咲いていました。

兵庫大仏

私は先日まで神戸にこんんあ立派な大仏様があるとは知りませんでした。この大仏様は1、奈良の大仏様 2、鎌倉の大仏様は誰しも知っていますよね。それが3、は何処って、、それが神戸の兵庫にある「兵庫大仏様」なんだそうです。

1891年(明治24年)に豪商・南条荘兵衛の寄進により大仏が建立された。この大仏は1944年(昭和19年)に金属類回収令で国に供出されるまで日本三大大仏の一つに数えられた。

現在の大仏は1991年(平成3年)に再建されたものである。毘廬舎那仏(光明遍照)像で、像重量約60t、像高11m、蓮台と台座を含めると高さ18mになる巨大な坐像である。1991年5月の開眼法要には、東大寺管長、高徳院貫主が臨席した。

この大仏様の前に立つと、何かの邑楽の中に包まれ、とても気持ち良い感覚を持ちました。---今回の兵庫散策で特筆したいのは「兵庫大仏様」と「平安の食べ物」でしょうか。--皆様、兵庫駅から歩いてすぐです。是非この大仏様を拝みに行って見て下さい。お勧めです!!

真光寺での発見

ここでは一辺上人の墓所や清盛公が使われた井戸とかがありました。

平 清盛の墓所

能福寺を入ると、ドーンと大きな兵庫大仏様を拝むことができます。---その手前の左側にこの墓所がありました。

能福寺を入ってすぐに茶屋がありました。これは今、土・日曜日しかあけていない茶屋なんだそうですが、その平安時代に食されていたであろうという食べ物を地元の商工会の方々がこのNHKのドラマが放映されることを知らない前から地元の活性化の為に考案されたものだそうです。

左から昆布の佃煮、魚の薄切り干物、干し味付け椎茸、酢昆布、いかなごの味付け干物、奈良漬・・のセットとお茶が出て一人前¥500で楽しむことができます。これはお勧めのお茶です(ただし、今のところこのサービスは土・日曜日だけです)ここで私が気に入っていかなごと椎茸を買ってきました。たくさん入っていて安価でした。

平の清盛のゆかりの地・神戸 兵庫

 

神戸・兵庫に「平 清盛」の足跡を勉強しに!

今回のNHKの「平 清盛」の大河ドラマで、賑わっているのが私たちの住まいの神戸です。その兵庫駅に近い場所に墓所があり、色々な足跡を3/10に生徒さんと訪ね、おおいに勉強になりました。

賑わいで兵庫界隈は色々な企画もなさっていました。その企画のメンバーでもあられる会社社長のKさんが生徒さんでもあり、案内をしていただきました。