Monthly Archives: 7月 2012

我が家の夕餉7/19

昨日は打ち合わせや歯医者さんと神戸駅前、元町、宝塚とバタバタ動きまわりました。帰宅時間が少し遅れたので予定してた料理は見送り、①さっと煮の「すき焼き風煮物」を中心に、②アボカドのミントをたくさん入れたドレッシングで和えました。----③胡瓜、青ジソ、セロリ、ハムのせん切りを山葵ポンズで和えて。④作り置きのヴィシソワーズ⑤美味しい辛子明太子~~~&⑥美味しい白飯でした。-----20分で晩御飯でした。

 

綺麗な声の囀りの小鳥

和田山の家で小鳥が高音の澄んだ声で囀っていました。

五月の料理

アップするのが大変遅れましたーーーーー皐月には新玉ねぎ、新じゃがの独特のフレッシュさが嬉しく、美味しくいただけます。和田山の家ではアスパラもニョキニョキとファニーにおいしそうに伸びてくれます。さやえんどうもたくさんとれて、ソラマメも出始めます。そんな美味しい野菜の美味しさを引き出しました.

新玉ねぎを皮ごと蒸して、オーブンで焼きます→トロトロのペーストのあま~~い玉ねぎが楽しめます。旬のアスパラ、さやえんどうを添えて!美味しい味噌はヒミツ(*^。^*)

新玉ねぎのまるごとのぽったり煮!!

新じゃがのロスティー!

ほうれん草のキッシュ!

グレ^プフルーツゼリー!

 

器の初おろしの嬉しい夕餉

7/13に京焼きの器とガラス食器を購入し、その日に使いました。①ガラスの小鉢(お初)トマト、青ジソ、生姜、冥加の酢の物  ②マナガツオの塩麹漬け焼き・・近所に淡路のお魚屋さんが来てくれます。生きの良いマナガツオを焼き物にしました。ゴーヤを付け合せに。  ③この鉢も新しい器です。新玉ねぎ、茄子、人参、小松菜の炊き合わせ   ④茄子と万願寺唐辛子のてんぷらチキンと九条葱のかき揚げ  ⑤炊き立ての実家の飯

京都の夏ni祇園祭りの干菓子を求めて

7/11に室町通りにある遊子庵「京都味わい物語」の会議に行きました。その会議の前に私のお気に入りの干菓子を求めて同じ室町通にある遊子庵の数軒北にある「龜廣保」に行きました。このお店は干菓子としては京都一、つまり日本一の干菓子やさんです。

 

このお軸物は今のご主人のお爺さまが日本画家でこの絵を描かれたそうです。やはり、絵心は継がれていくものなんですね。

 そして、その数軒北にある然花粧院」で、冷やししるこを楽しみました。ゆったりした空間が好きです。