Monthly Archives: 5月 2014

我が家の新作品

田中今子さん個展行ってきました。
大作たくさんあり、圧倒されました。50点以上持ち込みだったらしいです。
素晴らしい。
しかし、我が家壁面と我が予算によりこの2点がうちの子になりに候。
玄関鎮座しています。見に来て下さいね。

20140529-123659.jpg

20140529-123725.jpg

20140529-123748.jpg

我が家の(和田山)茶摘み、製茶が無事終わりました。

毎年、この時期母が我が家茶畑茶摘みし、製茶していました。
去年今頃も元気に、お茶のシーズンで張り切っていました。
なのに、今年は仏様になってしまいました。
亡くなる前母はボイスレコーダーに茶摘み、製茶仕方いれてくれていました。
(声聞くとナミダ、、)
近所の母の友人2人に頼み、私が刈ってきた茶葉の選別して下さり、娘が蒸して、揉んで、干して、、お茶が出来上がりました。

20140529-122254.jpg
母のボイスレコーダーを聞きながら仕方メモしました、、。

20140529-122351.jpg

20140529-122411.jpg

20140529-122433.jpg
知り合い方が茶葉選別してくださいます。

20140529-122529.jpg
娘が蒸して、揉んで、干してくれます。

20140529-122622.jpg
茶葉を刈った後、友人が剪定綺麗にして下さり、来年備えます。

20140529-122728.jpg
干してきれいなお茶出来上がり!
20袋分けました。後、これくらいは製茶工場で緑茶してもらいました。

薔薇が咲きました。

神戸の小さな庭に薔薇が一輪咲きました。
早速、いただいたお茶サブレとお茶を楽しみます。
春らしいスイトピーのティーコージはアップリケ作家・友人柏原さんの作品です。

20140514-090050.jpg

ゴールデンウイークの後、神戸に戻って夫とお茶です。

四月の末&ゴールデンウイークと殆どを田舎で過ごしていました。
「神戸に戻ったァ!!(^○^)」と感じたい時はテラスで海を眺めながらのティータイム。
息子から届いたケーキとニューヨークからのお土産の取って置きの紅茶を丁寧に入れ、ゆっくり楽しみました。

20140514-084336.jpg

母の納骨

皆様が都合付けて集まって頂いたゴールデンウイークのある日、母は我が家の敷地内にあるお墓に納まりました。
息子とわたしのりょうりでお接待です。

20140514-083317.jpg

20140514-083435.jpg

20140514-083453.jpg

初夏献立

和田山には初夏香りがいっぱい。
笹巻きすし

20140514-075842.jpg

えんどう豆で手前味噌と合わせた和風スープーー優しい味持って来てくれる幸せ!

新茶かき揚げ

20140514-075927.jpg

スチームド新玉ねぎと筍醤油揚げと木の芽サラダ

20140514-080044.jpg

山帰来が庭に新葉を付けました。
空豆餡の山帰来巻き餅です。

この季節の嬉しいこと!!

20140514-080230.jpg

20140514-080347.jpg

20140514-080428.jpg

ゴールデンウイークの田舎生活

孫は田舎でしかできない色々な事が目白押し。
グリーンアスパラのハンティング。
お父さんよ歓声を上げながらゲットしtりきます。タオルかぶりもお父さんの真似っこでご満悦!
それから道の草引きもお手伝いです。

20140508-151814.jpg

20140508-151845.jpg

20140508-151901.jpg

20140514-080539.jpg

20140514-082520.jpg

花水木

今、あちこちでピンクや白の花水木が咲き誇っています。
母が好きだった花です。母を思い出して立ち止まってしまいます。
母が昨年に昇天する三週間前に出版してあげようと急いで取り掛かり、10日前に出来上がった短歌集。
その表紙絵は母が大好きだった花水木。
母が 娘に「大好きな花水木を描いて欲しい」と言い、娘が描き、出来上がりました。
その花 水木が咲き誇る5/4に母の納骨。
いよいよ手元から離れてしまいます。

20140501-090753.jpg

20140501-090807.jpg
まだこの短歌集は残っています。興味持って頂けるお方には送付させていただきます。

20140501-090933.jpg

20140501-090943.jpg
私のこの大好きな詩は14も母が書いた詩です。

20140501-091048.jpg
亡くなる10日前にやっと短歌集が娘夫婦の努力により2冊だけ、仕上がり形に出来上がりました。
母が大変驚き、歓喜、感謝している一瞬です。
それから、苦しいにもかかわらず校正を
母自身がし、亡くなる前日に印刷に回し、お別れの式朝、出来上がった短歌集です。