ジェーン・バーキンの言葉から

あなたにとって美しさとは何ですか?
いわゆる型にはまった外見の美しさは必要ありません。
パーティー等で出会って、いつまでも一緒にいたいと心ひかれる人は、たいてい好奇心が旺盛な人です。好奇心が美しさを形作ると私は思います。私の母は88歳ですが、何にでも興味があり、友人達は皆母と一緒にいたがります。好奇心からの美しさは、年をとっても続き、真の意味で人を魅了します。18~20歳で外見が美しくても、普通に30歳になると、その後年をとるにつれて色あせてしまうのです。またユーモアと笑いも美しさには大切なこと。年をとると皮膚はたるみしわもでてきますが、笑うと皮膚が上がります。ユーモアは人を魅了します。周りからおかしな人と思われても構わず、常に笑ってみてください。
日頃美しさをキープするために心がけていることは?
外見的には、全く何もしていません。自然のままです。これは、私の自尊心からです。もし人があなたを良いと思って好きでいてくれるとしたら、それはあなたのすべてを好きということなのです。
それに、一か所整形したら、顔だけしわやたるみがないと不自然なので、すべていじらなくてはならないとなると、美容整形医とでも暮らさないと!
メイクも、控えめに口紅とアイシャドーを少しだけしかつけません。私はハリウッド女優のようにマスカラをしっかりつけたキツいまなざしを好まないので、最低限のメークしかしません。でも、努力することは大切だと思います。この年になって、娘たちと本当の友人のようになれて、今彼女達と過ごす事が一番楽しく感じています。先日も、家の近くにホームレスの若者達がいて、長女のケイティったら「こっちへ来て一緒に一杯飲みませんか!?」と彼らを誘って、私も一緒に皆で一杯飲んだのだけれど、その楽しかったこと! しかも、「どこに寝るの?」と訪ねたら「公園」と答えたので、友人の家で寝る場所を提供して……その日パリは大変寒い日だったので、皆で暖かい食べ物を作ってあげました。このようなことを娘たちと一緒に楽しんだり、買い物をしたり、なくてはならない存在です。

~~~~~~~~~~~

今朝、たまたまYahooのトップページで見つけたジェーン・バーキンの言葉です。美容も大切なことですが、私もちょうど昨日の教室で生徒さんと話していたことと同じような内容だったので、紹介しようと思いました。

身近な楽しいこと、きれいな事も良いのですが、一生かけて一つは「道」を究めて行って欲しいなと思います・「書道」「華道」「茶道」など。入れば、知ればしるほど深いものです。     先日エレガントマナースクールの校長の講演を聴いた時「私は16のお稽古を18歳からして極めました。」と、、。  そんな容易なものではないですが、でも、興味を持つことは結構なことです。

    絵画や音楽に造詣 が深くなれば、人生の幅、奥行きも深くなり豊かな人生をおくれますよね。     日々を丁寧に生きること。それも大切ですが、自分を大切に、日々の生活をアートフルな拘りを持って生活したいですよね。   そして友人や家族のアドヴァイスも自分の角度では見えない点があるので、聞ける耳も持っていたいなぁと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です